こだわりの車磨き、ガラスコーティング、ボディコーティング、ホイールコーティング、ポリッシュワークス神奈川、磨きの是非について

homeへコンセプトへ施工車画像集参考価格例お見積もりへポリッシュワークスブログへ

 

 

 

 

 

〜 磨きの是非について 〜                   

新車には磨きは必要ないのか?また、磨いてはいけないのか?中古車や既販車はどこまで磨けば良いのか?

その価値観は十人十色、人それぞれです!当店はそのお車やオーナー様のご意向を1番に尊重します。

 

f430

一言に”磨き”と言っても色々な磨きがあります。
汚れ落としや、ボディ表面に付着している油分等の付着物を
取り除く為の磨きから深い傷、しみ等を取り除く磨きまで様々です。
また、オーナー様がDIYにて、waxや艶だし剤等のケミカルで一生懸命
拭き上げることも磨きと言えるでしょう。
この”磨き”と言う行為を単純に結果(成果)だけでみると、
つるつる、ピカピカ、テカテカ、撥水・・・、いいことだらけのような
気がします!
しかしながら、この行為の裏には、我々プロが施すある一部の磨きを
除いて、何らかのダメージを塗装面に与えるということをご理解し、
忘れないで頂きたい!!
かと言って、それではなるべく磨きはしない方が良いのかと言うと
そう言うことでもありません。
大事なことは、そのお車の現在の状態を良く把握し、どうしたいのか、
今後どう付き合っていくのか、を考慮し、その時々で最適な”磨き”
施していくということであると当店は考えます。

 


 

とある同業者様のサイトでは、「新車の磨きはタブーである」としています。
理由は、新車とはもともと綺麗なもので磨く必要はなく、むやみに磨いて、
塗膜を薄くしてはもったいない(危険だ)ということ。
これは、新車に手を入れる怖さ(リスク)を良く理解した言葉だと思います。
しかしながら、本当にそうでしょうか?いや、すべてにおいて
そうなのでしょうか?と言い換えましょう。
私は仕事柄、ディラー様等で入庫したての”新車”というものを良く目にします。
しかし、残念ながら新車と言えど、洗ってそのままコーティングのみを
施せば良いという状態のものは多くありません。濃紺車においては、
そのほとんどが、多かれ少なかれ線傷やしみ等が見られます。
それを、一様に”新車は綺麗”として、新車なんだからこのくらい仕方ない、
気に入らないならメーカーやディラーのせいと言ってしまうのは
どうなのでしょう?仮に綺麗な状態だとしても、工場で生産されてから、
オーナー様の手に届くまでには色々なものがボディに付着していると
考えられます。そのすべてを洗車のみで除去するのは到底不可能であると
言えるでしょう。そのような状態でコーティングを施しても、皮膜の密着性は
極端に落ちるでしょう。当店では新車でも最低1工程の磨きは必須と
考えます。確かに新車において過剰な磨きは、塗膜がもったいないと
言えるでしょう。しかし、塗膜にほとんど影響を及ぼさない磨き方も
ありますし、塗装表面に薄く付いた程度のせん傷やしみを除去する磨き
であれば、せいぜい1〜2μm程度の研磨で済みます。
仮にオーナー様がDIYにて研磨剤入りのwax等で一生懸命ゴシゴシと1点を
磨くと、5〜10μmくらいすぐに削れてしまいます。
そう考えれば、我々プロが”新車に手を入れるリスク”を良く理解した上で、
”適切な磨き””慎重”に施すことにそう大きな問題はないのでは?
そうすることで、”新車を超える新車”を手にする喜びをオーナー様に
ご提供できるよう、当店は心がけております。

”新車の磨きは、過剰に磨くは愚かなれど、むやみに厭うのもまた愚かなり”

さて、皆様はどう思いますか?

セレナ

 


 

xjr

さて、それでは中古車や既販車においてはどうでしょうか?
多かれ少なかれオーナー様が、”今の状態に納得がいかないので
磨き、コーティングを施工してほしい”
というのがほとんどでしょう。
そうなると、我々プロとしては腕の見せ所です!グリグリと力一杯
ポリッシャーを回し、ツヤツヤ、ピカピカ!!「いかがですか?」
ある程度腕に自信のある磨き屋ならば、がむしゃらなまでに磨き切り、
艶艶に仕上げるのは意外と容易でしょう。
ちょっと待ってください!本当にそれでいいの??
今の目先の満足度だけを満たし、1年後、2年後、再施工にいらした
お客様のその愛車に、自分が出来ることがあるでしょうか?
言い換えれば、再度磨くだけの”膜厚”が残されているでしょうか?
現状の残膜厚はどのくらいか?今回の磨きにより、オーナー様が
期待されているのはどのような状態か?オーナー様はあと何年くらい
そのお車にお乗りになりたいのか?仮にクリア層の膜厚が足りない場合は、
再塗装も視野に入れているのか?等々の情報を入力として、
”出来る範囲の中でベストを尽くす!”それが最良と考えます。
とは言っても、最低お客様の満足度を満たす仕上がりには持って行きます。
仮にそれさえも不可能な状態の場合は、施工前にその旨を
オーナー様に伝え、その上でどうするか共に考えましょう!
そう言ったご相談には、とことん乗らせて頂きます。
当店は、オーナー様にとっての最良を考え、決して自己満足の力技や
その場限りの満足度upの磨きは致しません。勝手ながら、オーナー様に
十分ご満足頂き、オーナー様がそのお車を手放されるまで、再施工を
承れること(再施工可能な膜厚を残すこと)を前提に作業させて
頂いております。

一部、ショーモデルや展示車等の特殊な用途で、オーナー様のご要望が
合った場合は、その時一度きりの超鏡面磨き等も承っております。