こだわりの車磨き、ガラスコーティング、ボディコーティング、ホイールコーティング、ポリッシュワークス神奈川、原因別ダメージ画像集

homeへPW Reborn 2011 コンセプトへpw施工車画像集へ参考価格例へお見積もりへポリッシュワークスブログへ

 

 

 

 

 

愛車のボディには様々な傷やシミがついてしまいます。

その原因を知り、出来得る限り防止出来るよう心がければbetterです。

まずは、その一例を画像にてご覧ください

 

渦巻き傷/洗車傷
渦巻き傷 どうやってもたいがいの車には付いてしまう渦巻き傷
走行風で、洗車で、waxがけで、いろいろな要素で
できてしまう代表的な傷のひとつですね。
鳥の糞によるしみ
鳥糞1 ボディに鳥糞が付着し、長期間放っておくとこのような
しみができてしまいます。
比較的軽いものならば磨きで除去できますが
なにぶん糞中の酸が塗膜を侵食してしまうので
早めの対処が懸命です。
鳥糞2 こちらは末期状態の鳥糞しみです。
完全に塗膜がひび割れてしまい、もはやこうなると
再塗装するしか対処方法はありません。
こうなる前に鳥糞を見つけたらすぐさま洗車を
お勧めします。
洗車する時間がないときはウェットティッシュ等で
拭き取りましょう。当然拭き傷はつくでしょうが、
その傷はいつか磨きで消せるでしょうからね(^^)
イオンデポジット
イオンデポジット1

これも良く見る現象ですね。
これは水道水中や雨水中の不純物が固着してできた
白いしみです。シャンプー洗車後の濯ぎ不足にて
洗剤成分の残留しみもこのような感じになります。
黒いガラスなどにも良く見られますね。

イオンデポジット2

こちらは特にひどい状態です。
ボンネット全面にまんべんなくしみがついています。
なんとかこうはなりたくないものですね。

ウォータースポット/クレーター
ウォータースポット これは酸性雨が降ることによりその後、水分が蒸発し、
酸性雨中のph濃度が濃くなり塗膜を侵食し穴が
空いてしまう現象です。
またwax等でできる水玉がレンズ効果となり
ボディを照射して侵してしまうケースも
少なくありません。
撥水効果の弊害とも言えますね。
酸化(色褪せ)
色褪せ 酸化

これは赤い車や黄色い車に多く見られる状態です。
酸化により色褪せて白っぽくなってしまう現象です。
塗装表面のクリア層の酸化やクリア塗装のない
ソリッドカラーであれば、ほぼ元通りの色つやに
戻ります。

バフ目(磨き傷)
バフ目 ポリッシャーにて磨いた時についてしまう
バフ傷です。
この例は塗装後のバフ目なので特にひどいですね。
光に当たるとキラキラ、ユラユラと傷が目立ちます。
スクラッチ
スクラッチ 何かでひっかいたような傷ですね。
この程度ならば磨きにより除去可能ですが、
こういう傷が多くなると確実に膜圧は薄くなります。
木の枝や垣根でこすってしまうケースが多い様ですね。
塗膜の剥がれ
剥がれ 原因はさだかではありませんが、塗膜がひび割れ
表面のクリア層が剥がれ落ちてしまっています。
紫外線の影響が大きいのでは?と考えられます。

 


PageTop